中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

公開日: : 最終更新日:2018/07/03 想いの伝え方

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービスは競合が4~5ぐらいあり、適当にその中から「一つのサービス名+比較」ってキーワードで検索すると結構、色々な比較記事が出てくる。そこで色々と見ているうちに気づいたことが一つ。中立的な立場で書かれた比較記事は全く面白くないってこと。

では面白いな、役に立つなと思った記事はどんな形で書かれていたか?それは複数のサービスの中でどれか一つを使っている人が、その使っているサービスを中心に他のサービスとの比較をするといった形で書かれたもの。

この形で書かれたものは内容も頭に入りやすいし、それぞれのサービスの違いがとてもよく分る。もちろん書いている人の文章力ありきではある。ただそれを抜きにしても中立的に書かれたものよりも全然面白い。

図にするとこんな感じ。左側の図のような記事は結局どっちつかずで、こっちもいいけどこっちもいいよ的なものが多い。それに対して右側の図のような記事は書く人の主張がしっかりと出ているので、違いがはっきりと強調されている。

hikaku

ただ現在使っているサービス愛が強すぎて他のサービスを貶してるようなのはダメだけどね。今、これ使ってるけど、この部分はこっちの方がいいなとか、これだったらこっちも使ってみたいなといった建設的な意見をあくまでも一つのサービスを中心に書かれているものは総じて面白いものが多い印象。


    

関連記事

アウトプットの質を高めるのに必要なのはインプットよりもまず膨大なアウトプット

アウトプットなくして問題解決なし 何か問題が起きて解決策を考える。でも頭の中だけで考えていても

記事を読む

ブログで「愛」を伝えるということ

前回、ブログで集客する上で一番大事なのは「愛」を伝えることと書いた。でももうちょっと具体的にしな

記事を読む

感動するストーリーにこだわる必要なんてない

コンテンツマーケティングを行う上でショップや店長、店員などのプロフィール。商品のヒストリーなんかをス

記事を読む

音楽はコミュニケーションにおいて最も重要ではなくなったということ

もう何年も前からCDが売れなくなったという話は出ている。デジタル配信に変わっていっただけかと思え

記事を読む

no image

「わかりやすさ」の落とし穴

私は作詞家の立場で自分以外の人が歌う曲の歌詞を作る時と自分のバンドで自分もしくはメンバーが歌う歌詞を

記事を読む

消費される情報の種類

人間の記憶できる量はそれほど変わらないけど世の中に流れている情報は年々びっくりするぐらい増えてるよっ

記事を読む

芸人さんでさえ「面白い話します」なんて言わないのに……

すごい人気!とか最新情報!とか「続きはここをクリック!」とかでその先を見て満足することはほっ

記事を読む

どんな店舗であってもやっぱり「嫌われない」が重要

「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」が重要の中で「好きになってもらう」ことばか

記事を読む

no image

継続し続けることがお客様への最大のサービス

単に価格を下げるといったことだけではなく接客やサポートなどお客様に対するサービスは多々ありますが、ど

記事を読む

no image

お客様へのサービスをルール化することの弊害

ネットショップからの手書きのメッセージ 先日、あるネットショップで商品を購入。初めてのショップでした

記事を読む


    

    
昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑