「懐かしさ」と「マンネリ感」

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 想いの伝え方, 商品の価値

「懐かしさ」と「マンネリ感」

これはかなり昔から思ってたことなんだけど……

爆笑問題・太田、エリック・クラプトンのコンサートでガッカリ「名曲をアレンジしないで欲しかった」-世界は数字で出来ている

若くてしょっちゅうライブに行ってる時は(といってもほぼ同じミュージシャン)CD通りにやられるとなんかつまんないなーと思ってた。

CD通りにやるんだったらCD聞けばいいじゃん。せっかくライブなんだからここでしか聞けないアレンジとかやってくれた方が絶対いいよって。

しょっちゅう行ってる人にしたらいっつも一緒だと飽きちゃうし、そもそも昔と一緒だとアレンジも古臭いしその時代時代に合わせたアレンジの方が全然カッコいいしね。

でも年を重ねてライブになんかほっとんどいかなくなった今、たまーに友達に誘われてそこそこ有名なミュージシャンのライブに初めて行った時、自分の知っている曲が昔の通りではなくて変なアレンジされててすっごいがっかりした。それこそリンク先の太田さんのようにね。

少し前に矢沢永吉の「時間よ止まれ」とサーカスの「Mr.サマータイム」がどうしても聞きたくなってiTunes Storeで探したらどっちもオリジナル版はなくてライブ版と新アレンジ版しかなくてめちゃくちゃがっかりした時、あー自分もおっさんになったのかなってちょっと思ったけど。

そのミュージシャンの今を見たいのか?その歌を聞いてあの頃の思い出に浸りたいだけなのか?

結局はどういった目的でライブを見るかによるんだろうけどね。

Pocket

関連記事

「誰からも嫌われない」ではなく「好きになってもらった人に嫌われない」

何回かに渡って「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」ために、何が出来るかを考えよ

記事を読む

感動するストーリーにこだわる必要なんてない

コンテンツマーケティングを行う上でショップや店長、店員などのプロフィール。商品のヒストリーなんかをス

記事を読む

知らないより知っている。知っているより会ったことがある方がいい

あなたのお店でしか売っていない画期的なオリジナル商品であれば別だけど、そうでなければ何かしらで競

記事を読む

no image

「わかりやすさ」の落とし穴

私は作詞家の立場で自分以外の人が歌う曲の歌詞を作る時と自分のバンドで自分もしくはメンバーが歌う歌詞を

記事を読む

アウトプットの質を高めるのに必要なのはインプットよりもまず膨大なアウトプット

アウトプットなくして問題解決なし 何か問題が起きて解決策を考える。でも頭の中だけで考えていても

記事を読む

ブログで「愛」を伝えるということ

前回、ブログで集客する上で一番大事なのは「愛」を伝えることと書いた。でももうちょっと具体的にしな

記事を読む

no image

「知っている」ということの重要性

今回はSNSを使う上でとても重要なポイント。「知っている」ということについて考えてみます。

記事を読む

no image

お客様へのサービスをルール化することの弊害

ネットショップからの手書きのメッセージ 先日、あるネットショップで商品を購入。初めてのショップでした

記事を読む

音楽はコミュニケーションにおいて最も重要ではなくなったということ

もう何年も前からCDが売れなくなったという話は出ている。デジタル配信に変わっていっただけかと思え

記事を読む

情報隠しても意味ないし

これとか 作家や出版社側は、図書館で貸し出されなければ、その分購入する人々が増

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑