お客様へのサービスをルール化することの弊害

公開日: : 最終更新日:2019/03/08 想いの伝え方

ネットショップからの手書きのメッセージ

先日、あるネットショップで商品を購入。初めてのショップでしたが、注文してからの流れもスムーズで何のトラブルもなく当日発送、翌日には私の手元に到着。

ワクワクしながら届いた箱を開封すると中には商品と紙の大き目なクリップに止められた納品伝票が入っていて、そのクリップには手書きで「〇〇様 ご利用ありがとうございました」と記されていました。

ネットショップでよく買い物をされる方であればこういった手書きのメッセージを手にすることもあると思います。またこれを読んでいる方の中にはネットショップをやられている方も多いので自分の店舗でも似た様なことをしているという方もいるでしょう。

ただ今回、私はこのメッセージを受け取っても何の感慨も抱きませんでしたし、これによってこの店舗に対する気持ちや評価が上がるといったことは一切ありませんでした(もちろん欲しかった商品ですし、取引自体に何の問題もなかったので評価が下がることもありませんが)。

お客様に喜んで頂きたいという気持ちがルールになると

どの店舗であっても、サービスを始める動機は少しでもお客様とコミュニケーションを取りたい。お客様に喜んでもらいたいという気持ちからでしょう。

対面販売と違ってネットショップの場合はお客様と直接、コミュニケーションを取る機会が非常に少ないため、手書きのメッセージなどで人のぬくもりや想いを伝えることはとても重要なことです。

しかし、サービスがお店の中でルールとなってしまい、義務化されてしまうとお客様に喜んでもらいたいという気持ちで始めたことがいつしか単なるルーティンワークの一つとなってしまうことが間々あります。

私が冒頭の店舗の手書きメッセージに対して何の感慨も抱かなかったのはネットショップに慣れているからではなく、メッセージの内容や雰囲気からそういった匂いを感じたからです。

私に限らずお客様は正直で敏感です。対面でなくとも店舗側のそういった気持ちの変化、思惑にすぐ気づきます。

大事なのは手書きうんぬんではなく感謝の気持ち

お客様に喜んでもらいたい一心で始めたことによって実際にとても喜んでもらったという結果を得たということはとても良いことですし、それを他のメンバーと共有し、全員で実行していくということもとても大切です。

ただその根源の部分にはお客様に対する「感謝の気持ち」から始まっているということも含めて共有されていないといつしかルール化されたルーティンワークの一つになってしまい、いずれお客様にも見透かされてしまいます。

手間をかけて手書きでメッセージを書いているにも関わらずそれがかえってあざとさと捉えられてしまっては何の意味もありません。お客様は手書きだから感激するのではなく、自分のことを思って書いてくれていると思うからこそ感激するのです。

あなたの店舗でルール化されているものを改めて考え直してみてください。そのルールは今もちゃんとお客様への感謝の気持ちから行っていますか?単なる手間の一つになってしまってはいませんか?

Pocket

関連記事

パズルのピース

最後のピースはお客様と一緒に

前に「ストーリーを知っている、知らないでこうも違うものなのか」の中で  

記事を読む

消費される情報の種類

人間の記憶できる量はそれほど変わらないけど世の中に流れている情報は年々びっくりするぐらい増えてるよっ

記事を読む

どんな店舗であってもやっぱり「嫌われない」が重要

「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」が重要の中で「好きになってもらう」ことばか

記事を読む

no image

「知っている」ということの重要性

今回はSNSを使う上でとても重要なポイント。「知っている」ということについて考えてみます。

記事を読む

声の大きさ

目の前のたった一人に伝えたい時と周りにいる100人全てに伝えたい時の声の大きさは当然、違うは

記事を読む

目的と手段の順番

あなたが醤油を選ぶとき 「本醸造方式」「混合醸造方式」「混合方式」 これらは「こいくち醤

記事を読む

「誰からも嫌われない」ではなく「好きになってもらった人に嫌われない」

何回かに渡って「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」ために、何が出来るかを考えよ

記事を読む

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービスは競合が4~5ぐらいあり、適当

記事を読む

「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」が重要

自社の商品、サービスを購入してもらい、さらにリピーターになってもらうには、商品、サービスはもちろ

記事を読む

「思いやり」から顧客視点を考える

「顧客視点」や「お客様の目線で考える」などよく聞く言葉だけど、これを実際にやろうと思うとこん

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑