それぞれのツールの繋ぎ役としてのSNS

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 集客、販促企画, SNSに関すること , , , ,

それぞれのツールの繋ぎ役としてのSNS

前回、SNSだけで全てが解決することはありませんと書きましたが、ショップサイト、自社サイト、検索エンジン、SNS、ブログ、口コミと様々なツール、サービスがあり、私たちのネットでの購買導線がとても入り組んで複雑化した現在、何か一つのページ、言葉だけで大売れするというのはとても難しくなっています。

例えばGoogleアナリティクスの解析でFacebookやTwitterからの流入によっての売上が伸びているという結果が出ていたとしてもそれをそのまま鵜呑みにするのはとても危険です。

それは何故なのか?

 

「Facebook or Twitterから売れた!」で一喜一憂しない

Googleアナリティクスを見て商品を購入したお客様の流入元がFacebookやTwitterだった場合、「あーソーシャルメディアをしっかりやってきて良かったなー」と思われるでしょう。しかしそこで終わっては次に繋がりません。

そのお客様は本当にFacebookやTwitterの投稿によって購入を決めたのでしょうか?もしかしたらブログや口コミやショップサイトで情報を入手、吟味、比較検討した上での購入で、FacebookやTwitterはたまたまその時、購入の直前にチラッと別の情報見たさに訪問しただけかもしれません。

現在のGoogleアナリティクスでは一人ひとりのユーザーの行動を正確に把握することは難しいため、おおよその流れで判断することになります。

そのため、特にアトリビューションの設定をしなければ購入の直前に閲覧したページが売上に結びついたページとしてカウントされますが前述したようにそれが必ずしもそのページが購入に影響を与えたかどうかは分かりません。

もちろん、ほとんどの場合、購入直前に訪れるということがまったく意味のない行動である訳はないのでFacebookやTwitterの投稿が購入の後押しをしている可能性も少なくはありませんが、そこだけで売れているということはほとんどありません。

アナリティクス上の数字はあくまでも目安であるという認識は必要です。

 

今、ネット通販に必要なのは総合力

検索からショップサイトに来て購入という単純な流れであれば、検索からショップサイトの導線だけを考えれば良かったのですが、今ではそれにブログ、SNS、メルマガ、口コミサイトなど様々な入口からお客様がやってくることを想定する必要があります。

そういった意味ではそれら全てを合わせて一つのサイトとして、どの段階でどの情報を出し、どこへ誘導するなどの導線を考えなくてはなかなかお客様に購入してもらうことが難しくなったと言えます。

今、ネット通販ではどういったお客様がどんな問題を抱え、どんなサービス・商品を求めているかを把握し、そういったお客様であればどういった導線を辿って購入ページへ進んでくれるかのストーリーを組み立てられるストーリーテラーが求められています。

ではソーシャルツールはその中でどういったポジションに位置するのか?それは検索、ブログ、メルマガそしてショップサイトそれぞれを繋ぎ合わせるロープです。

ソーシャルツールを使わなくともネット通販は成り立つけど、総合力が求められている今、それを上手く活用することによってお客様を迷わせることなくスムーズに購入ページへと誘導することが可能になります。

どことどこをロープで結ぶのか?細いロープなのか太いロープが必要なのか?その選定自体がストーリーテリングです。

FacebookやTwitterだけで商品・サービスが売れることは滅多にないけど、それがあることでお客様が安心、納得して迷わずに購入できる一つの要素になることは間違いありません。

ソーシャル運用者の皆様はSNSだけを見るのではなく全体を見つつバランスよくロープを繋いでいくことを心がけましょう!

Pocket

関連記事

no image

コミュニケーションはとにかくちゃんと手間をかけて

以前、あるテレビ番組が終わってしまったことに関して、「好きだったのに残念だな」とTwitterの個人

記事を読む

ネットショップを実店舗誘導のツールとして利用する

実店舗とネットショップの二つをやるのは近隣の方以外にも販路を広げるためというのが大きな理由に

記事を読む

no image

売れるキャッチコピーを否定しないけど

この記事 ただ、こういったキャッチコピーをいやらしいと感じる人がいるかもしれません。ス

記事を読む

目の前のたった一人に好きになってもらう

岐阜県高山市では、商店街のバリアフリー化の最初の取組みが 商店街のすべてのお店が、お店の前に「

記事を読む

誰が調べた調査結果なのかが重要

この記事 今回の調査結果によると、電車降車後に何かしらの店舗に立ち寄った人は全

記事を読む

no image

継続させるコツが知りたいのに……

コンテンツマーケティングってもう数年前からよく聞く言葉でこれを推進している人や会社のブログや記事もい

記事を読む

no image

2回目を良い出会いにするために

前回の続き 飲み屋さんで出会う事例はいいんだけど後半の広告の話の方で2回目の出会いに関してちょっと

記事を読む

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞く。でも実は従来からある(あま

記事を読む

ビジネスブログに趣味や旬の話題を書かない方が良い理由

自社サイトやショップサイトに社長さんや従業員さんのブログが併設されているのを良く見かける。 基

記事を読む

リマーケティング広告うっとしいな

以前、ある商品の購入に関して楽天とAmazonで比較した結果、Amazonで購入したんだけど

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑