誰が調べた調査結果なのかが重要

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 集客、販促企画 ,

誰が調べた調査結果なのかが重要

この記事

今回の調査結果によると、電車降車後に何かしらの店舗に立ち寄った人は全体の62.7%で、そのうちいずれかの店舗で 商品を購入した人は93.4%に上った。つまり降車後に店舗で商品を買った人は全体の約6割となり、「交通広告は購買行動のすぐそばにあるメディア」であ るとした。

「降車後、店舗で商品を買う人は約6割」-車両広告に関する調査で判明-AdverTimes

電車降りた後に6割以上の人が何かしらのお店に行ってそのうちの9割の人が何かしら買ってるよ。つまりまわり回って車内広告を出せばその商品が買われる確率は上がるよって感じ。もちろん、それは間違ってはいないのだろうけど。

この調査を行ってるのが……

日本鉄道広告協会、日本広告業協会、関東交通広告協議会の3団体。これってみんな車内広告を出させたいなぁと考えてる団体じゃないのかな?

例えば仕事帰りに夕食の買い物をする。電車の中では飲食はしづらいので降車したらすぐに飲み物を買う。またそもそも買い物に行くために電車に乗っている。これって車内広告関係なくないかなぁ?電車に乗る前から買うもの決まってるんだもん。

後、この調査って仮に街を歩いてる人でやってみても似た様な結果出ないかな?そしたら街の中の看板、広告も「購買行動のすぐそばにあるメディア」って結論付けられるよ。

結果ありきの調査っぽい感しかないけど、それは結局、車内広告を出させたいなぁと考えてる団体が調査してるからってのも大きい気がするな。

Pocket

関連記事

no image

2回目に出会う場所が大事

例えば飲み屋さんで初めて知り合った人とその場でものすごく仲良くなったとしてもそのままずーっと付き合え

記事を読む

「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」が重要

自社の商品、サービスを購入してもらい、さらにリピーターになってもらうには、商品、サービスはもちろ

記事を読む

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞く。でも実は従来からある(あま

記事を読む

好きになれって強要してくる人を好きになる人なんていない

Facebookでは今度の11月5日から「いいね!」を交換条件に商品をプレゼントしたりコンテ

記事を読む

ネットショップを実店舗誘導のツールとして利用する

実店舗とネットショップの二つをやるのは近隣の方以外にも販路を広げるためというのが大きな理由に

記事を読む

キャッチコピー=インパクトではありません

古くは『かっこインテグラ』最近では、大塚商会のたのめーるなど商品名をもじってダジャレにしたも

記事を読む

no image

売れるキャッチコピーを否定しないけど

この記事 ただ、こういったキャッチコピーをいやらしいと感じる人がいるかもしれません。ス

記事を読む

「誰も買ってくれない商品フェア」を成功させるための方法

国際基督教大学の図書館で「誰も借りてくれない本フェア」を開催したら大反響で借りる人が殺到してるっ

記事を読む

no image

継続させるコツが知りたいのに……

コンテンツマーケティングってもう数年前からよく聞く言葉でこれを推進している人や会社のブログや記事もい

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの愚痴。先日、あるメーカーの直販

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑