リマーケティング広告うっとしいな

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 集客、販促企画 , ,

延々と追いかけてくる広告

以前、ある商品の購入に関して楽天とAmazonで比較した結果、Amazonで購入したんだけど、それからしばらくの間、訪問する色々なサイトでその購入した商品のリマーケティング広告に追っかけられた。

要は比較の際に訪問した楽天のショップのリマーケティング広告に追っかけられてたってことなんだけど、これどーにかならんものなのだろうか?

後で広告で思い出して購入する人が結構いるから多くのショップがやっているのだろうけど、今回みたいな場合は既に買ってしまってるしねぇ……

例えば広告内に「もう購入した」とか「この広告を表示させない」とかってボタンが付いてたりするといいのにな。

もちろん面倒だけど、でも延々と同じ広告に追いかけられるよりずっといいし、なにしろショップ側もうざったいなぁと思われることも減るので両者にとって(Googleにとってもいいから3者かな)いいことだと思うのにな。

ただ楽天のショップの場合は特に既に他で買ってる場合はGoogleやそのショップじゃなくて楽天がさらに嫌いになるだけだけどね。だってショップの名前なんて覚えてないし。また楽天の広告だよって感じでね。

Pocket

関連記事

ブログで集客するということ(3)-ブログ集客はゴールではなく第一歩-

前々回 •お客さんになる可能性のある人が求めているものを大まかにつかむ。 ブログで集客するというこ

記事を読む

「誰も買ってくれない商品フェア」を成功させるための方法

国際基督教大学の図書館で「誰も借りてくれない本フェア」を開催したら大反響で借りる人が殺到してるっ

記事を読む

ブログやSNSなどで有益な情報を増やすためのヒント

情報を提示することの重要性と難しさ インターネットがなかった頃に比べ、格段に情報量が増えた今、

記事を読む

「体験を売る」と「付加価値で売る」の違い

商品を売ってはいけません。 その3-いすみ鉄道 社長ブログ この記事のこの部分

記事を読む

情報隠しても意味ないし

これとか 作家や出版社側は、図書館で貸し出されなければ、その分購入する人々が増

記事を読む

キャッチコピー=インパクトではありません

古くは『かっこインテグラ』最近では、大塚商会のたのめーるなど商品名をもじってダジャレにしたも

記事を読む

no image

2回目を良い出会いにするために

前回の続き 飲み屋さんで出会う事例はいいんだけど後半の広告の話の方で2回目の出会いに関してちょっと

記事を読む

ネットショップを実店舗誘導のツールとして利用する

実店舗とネットショップの二つをやるのは近隣の方以外にも販路を広げるためというのが大きな理由に

記事を読む

no image

売れるキャッチコピーを否定しないけど

この記事 ただ、こういったキャッチコピーをいやらしいと感じる人がいるかもしれません。ス

記事を読む

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞く。でも実は従来からある(あま

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑