目の前のたった一人に好きになってもらう

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 集客、販促企画

目の前のたった一人に好きになってもらう

岐阜県高山市では、商店街のバリアフリー化の最初の取組みが
商店街のすべてのお店が、お店の前に「ベンチ」を置く。
だったと聞きました。

お年寄りが歩き疲れたら、どこででも腰掛けられるようにです。
予算?そんなものはありません。

商店街のそれぞれのお店が、自宅から適当に椅子を持参して、
それをお店の前に置いて、誰でもいつでも座れるようにしたそうです。

観光客のいない観光地

ショッピングモールでも座って休める椅子が多い所ほどまた行きたくなる。

私が男だからかもしれないけど目的のお店なんてどこも似たり寄ったりなので実はどこでもたいした変わりはない。

ましてや商店街だったら座って休めるとこがあるとないとでは全然違うだろう。

実店舗の売上を拡大したい、もっと集客したいということでネットを利用する人は多い。でもネットなんて実店舗以上にライバルだらけだし似たようなこと考えてる人はそれこそ星の数ほどいる。

そんなところでなんとかしたいと思ったらネット上にいる何百、何千万人よりもまずは目の前にいるたった一人に好きになってもらう方がずっと大事。

そこでちゃんと好きになってもらって初めてネット上で同じことをするにはどうすれば良いかを考えた方がずっと効率も良いはず。

目の前にいる人が元気なのか疲れているのかも気にかけられないのに全く見えないネットの向こうにいる人に想いを届けることなんて出来るはずないじゃん。ねぇ……

Pocket

関連記事

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの愚痴。先日、あるメーカーの直販

記事を読む

誰が調べた調査結果なのかが重要

この記事 今回の調査結果によると、電車降車後に何かしらの店舗に立ち寄った人は全

記事を読む

no image

2回目に出会う場所が大事

例えば飲み屋さんで初めて知り合った人とその場でものすごく仲良くなったとしてもそのままずーっと付き合え

記事を読む

ブログで集客するということ(3)-ブログ集客はゴールではなく第一歩-

前々回 •お客さんになる可能性のある人が求めているものを大まかにつかむ。 ブログで集客するというこ

記事を読む

ネットショップを実店舗誘導のツールとして利用する

実店舗とネットショップの二つをやるのは近隣の方以外にも販路を広げるためというのが大きな理由に

記事を読む

「好きになってもらう」と同じぐらいに「嫌われない」が重要

自社の商品、サービスを購入してもらい、さらにリピーターになってもらうには、商品、サービスはもちろ

記事を読む

no image

継続させるコツが知りたいのに……

コンテンツマーケティングってもう数年前からよく聞く言葉でこれを推進している人や会社のブログや記事もい

記事を読む

no image

売れるキャッチコピーを否定しないけど

この記事 ただ、こういったキャッチコピーをいやらしいと感じる人がいるかもしれません。ス

記事を読む

好きになれって強要してくる人を好きになる人なんていない

Facebookでは今度の11月5日から「いいね!」を交換条件に商品をプレゼントしたりコンテ

記事を読む

ブログで集客するということ

ブログで集客するということについて改めて基本的なところから考えてみる。 情報や知識をブ

記事を読む

昨日買ったパソコン気に入ったからもう一台買おうって人いるの?

これは販促のアイディアとかヒントとかまったく関係のないただの

中立的な立場で書いた比較記事は全く面白くない

最近、あるネットサービスに関する比較記事を良く読んでいる。そのサービス

音楽サブスクリプションサービスには検索ではなく索引が重要だと思う理由

ちょっと今更感ありありではあるけど、ここ最近で出てきたAWAとかL

Twitterで予約投稿するのに便利なHootsuite

最近、Twitterで予約投稿を人に説明する必要があって何を使おうかな

SEOを意識したコンテンツマーケティングの問題点

ここ数年、コンテンツマーケティングってネットやってると本当によく聞

→もっと見る

PAGE TOP ↑